Headder_s

OFFICIAL REGULATION

【競技参加資格】

  1. 競技に参加するものは自己所有の犬と参加する事が出来る。(メイン競技以外はこの限りではない)
  2. 競技に参加する犬は、法律に定められた予防接種を受けた犬に限る。
  3. 競技者は、愛犬家としてモラルとマナーを持ち、ルールを遵守出来る方に限る。

【使用ディスク】

  1. Jディスク
  2. フリスビー
  3. HERO製ディスク(SDX・HDXは不可)
  4. 布製ディスク(エンジョイクラスのみ使用可)

【競技中の中断及び再開】

  1. 競技中ディスクが破損した場合はジャッジ(メイン、サブ)がタイムストップ指示、DSE10秒ルールを適用する

  2. 自分の犬がコート内に乱入した場合タイムカットで競技終了となります

  3. 他犬がコート内に乱入した場合ジャッジ(メイン、サブ)の指示で一旦タイムストップして、プレイヤーに次のことから決めてもらう。 
    ・タイムを止めた状態から継続、リスタート

  4. 発電機が停止した場合ジャッジ(メイン、サブ)の指示でタイムストップ後プレイヤーに次の事から決めてもらう
    ・タイムを止めた状態から継続、リスタート

  5. コート外に出たデヂスクを観客がはたいてコート内に入れた場合、ディスクが地面に着地orワンコがキャッチした時点でタイムストップ後DSE10秒ルール適用

【ディスタンスアキュラシー競技種目】

  1. エキスパートクラス(全クラスの最高峰クラス)
  2. エキスパートセカンドクラス(E2)(中級者向け)
  3. クイーンズクラス(スローワーは女性に限る)
  4. タイニーズクラス(体高40cm以下の小型犬に限る)
  5. ダブルスクラス(スローワーが2人で交互に投げるが男性&男性は不可)
  6. エンジョイクラス(ワンコが8歳以上である事が条件)
  7. ビギナーズクラス(初心者向けクラス、ロングリード使用可)
  8. チャレンジクラス(ディスク以外でも出場可)

【競技時間及び決勝ラウンド】

  1. 60秒×2ラウンド(ダブルスクラスは90秒)上位は決勝ラウンドへ進出。
    エキスパート、エキスパートセカンド、クイーンズ、タイニーズ、の4クラスについては、エントリー数によって決勝進出枠が変動する

    ・エキスパート、E2、クイーンズ、タイニーズ、エントリー数10未満は決勝枠3。
    ・エントリー数10以上は5。
    ・エキスパートに限っては16エントリー以上で、決勝枠7とする
    ・ダブルスクラスは決勝枠は3とする

  2. ビギナーズクラス、チャレンジクラスも60秒×2ラウンド。(決勝ラウンド無し)
  3. エンジョイクラスは60秒×1ラウンド。

【ラウンドスタート】

  1. 競技はMCの『Ready Go!』の合図で開始する。
  2. スタート時はスローワー及び犬はスタートライン後方からスタートする。
  3. 『Ready Go!』の前にワンコがスタートラインを超えていた場合は、ドッグファール(DF)となり
    キャッチしてもポイントは認められない。(一旦スタートライン内側まで戻らなければいけない)
  4. スローワーがスタートラインを踏んだ場合(ディスクを投げたタイミングで)はフットフォルト(FF)となり、キャッチしてもポイントは認められない 。
  5. 1投目のみスタートライン脇のコーンをワンコが外回りした場合もドッグファール(DF)となる。
  6. DSEでは10秒ルールを起用してます。(ワンコ及びスローワーの怪我防止の為)例えば、競技スタートから45秒でコート外にディスクが(地面、タープ)着後タイムストップし45秒から10秒ひいた35秒から新たにスタートします

【順位決定について(1位~3位)】

  • エンジョイクラス…生年月日が早いワンコを高順位とし、それでも決まらない場合はエントリー申し込みの早いチームを高順位とする

  • ビギナーズクラス&チャレンジクラス…2R目のポイントが高いチームを高順位とし、それでも決まらない場合はエントリー申し込みの早いチームを高順位とする

  • 上記以外のクラス…1Rのみ順位決定戦のエクストララウンドを行い、それでも決まらない場合はエントリー申し込みの早いチームを高順位とする
 

【ポイントエリア】

コート

* ビギナーズクラスに限って、ダイヤモンドコート外でキャッチした場合『1P』となる。(コートアウトは無効)

コートの注意

コートネットとタープの間を2Mは開けて人が通れるようにして下さい。

ワンコは基本飼い主が管理のもとケージ内にお願いします
ワンコの係留はタープの後ろ側に係留して下さい。
係留が多い場合(多頭飼いなど)はコート入口付近へのタープ張りはお止め下さい。

コート

【Water Diving Dogルール】

  • Water Diving Dog は、全クラス水面から30センチの飛び込み台になります

  • MCの<Ready GO>の合図でスタートし、30秒以内にDivingしなければならない

  • Water Diving Dog はワンコのおもちゃを投げ入れて構いませんが、水に浮く物に限る

  • Water Diving Dog はワンコが水に飛び込んで距離を競う競技です、ワンコを押したり、無理やり飛び込ませる行為は禁止致します

  • Water Athlete Dog は水中を泳いでタイムを競う競技になります

  • Water Athlete Dog スタート地点から7MでUターンして戻ってきます(去年のように直線ではありません)

  • Water Athlete Dog は飼い主がプールの周りでワンコを誘導、呼ぶ行為はOKです

【誓約書】

私は競技会参加するにあたり、以下の事を誓約します。

  1. 競技会主催者による全ての指示に従う事に同意いたします。
  2. 私は気象条件及び競技環境の不良等による日程の変更、大会の中止、競技内容の変更に対して意義を申し立てません。
    また、大会が成立した場合、参加費の返金を要求しません。
  3. 私は自己の所有する犬(登録犬)とともに競技会に参加します。
  4. 私は狂犬病及び伝染病予防接種済みの愛犬と出場する事を約束します。
  5. 私は競技会においてテレビ、ラジオ、新聞、雑誌等、が私と愛犬を撮影取材し、それを競技会の広告及び競技会報道の目的で放送、または雑誌等に掲載される事に同意します。
  6. 私はDSEからの情報を受ける事に同意します。
  7. YouTube、DSEホームページへの静止画、動画などをWEB上にアップロードする事も同意します。
Headder

 

【競技参加資格】

  1. 競技に参加するものは自己所有の犬と参加する事が出来る。(メイン競技以外はこの限りではない)
  2. 競技に参加する犬は、法律に定められた予防接種を受けた犬に限る。
  3. 競技者は、愛犬家としてモラルとマナーを持ち、ルールを遵守出来る方に限る。

【使用ディスク】

  1. Jディスク
  2. フリスビー
  3. HERO製ディスク(SDX・HDXは不可)
  4. 布製ディスク(ベテランズクラス、チャレンジクラスは使用可)

【競技中の中断及び再開】

  1. 競技中ディスクが破損した場合はジャッジ(メイン、サブ)がタイムストップ指示、DSE10秒ルールを適用する

  2. 自分の犬がコート内に乱入した場合タイムカットで競技終了となります

  3. 他犬がコート内に乱入した場合ジャッジ(メイン、サブ)の指示で一旦タイムストップして、
    プレイヤーに次のことから決めてもらう。 
    ・タイムを止めた状態から継続、リスタート

  4. 発電機が停止した場合ジャッジ(メイン、サブ)の指示でタイムストップ後プレイヤーに次の事から決めてもらう
    ・タイムを止めた状態から継続、リスタート

  5. コート外に出たデヂスクを観客がはたいてコート内に入れた場合、ディスクが地面に着地orワンコがキャッチした時点でタイムストップ後DSE10秒ルール適用

【ディスタンスアキュラシー競技種目】

  1. エキスパートクラス(全クラスの最高峰クラス)
  2. エキスパートセカンドクラス(E2)(中級者向け)
  3. クイーンズクラス(スローワーは女性に限る)
  4. タイニーズクラス(体高40cm以下の小型犬に限る)
  5. ダブルスクラス(スローワーが2人で交互に投げるが男性&男性は不可)
  6. エンジョイクラス(ワンコが8歳以上である事が条件)
  7. ビギナーズクラス(初心者向けクラス、ロングリード使用可)
  8. チャレンジクラス(ディスク以外でも出場可)

【競技時間及び決勝ラウンド】

  1. 60秒×2ラウンド(ダブルスクラスは90秒)上位は決勝ラウンドへ進出。
    エキスパート、エキスパートセカンド、クイーンズ、タイニーズ、の4クラスについては、エントリー数によって決勝進出枠が変動する

    ・エキスパート、E2、クイーンズ、タイニーズ、エントリー数10未満は決勝枠3。
    ・エントリー数10以上は5。
    ・エキスパートに限っては16エントリー以上で、決勝枠7とする
    ・ダブルスクラスは決勝枠は3とする

  2. ビギナーズクラス、チャレンジクラスは60秒×2ラウンド。(決勝ラウンド無し)
  3. エンジョイクラスは60秒×1ラウンド。

【ラウンドスタート】

  1. 競技はMCの『Ready Go!』の合図で開始する。
  2. スタート時はスローワー及び犬はスタートライン後方からスタートする。
  3. 『Ready Go!』の前にワンコがスタートラインを超えていた場合は、ドッグファール(DF)となり
    キャッチしてもポイントは認められない。(一旦スタートライン内側まで戻らなければいけない)
  4. スローワーがスタートラインを踏んだ場合(ディスクを投げたタイミングで)はフットフォルト(FF)となり、キャッチしてもポイントは認められない 。
  5. 1投目のみスタートライン脇のコーンをワンコが外回りした場合もドッグファール(DF)となる。
  6. DSEでは10秒ルールを起用してます。(ワンコ及びスローワーの怪我防止の為)例えば、競技スタートから45秒でコート外にディスクが(地面、タープ)着後タイムストップし45秒から10秒ひいた35秒から新たにスタートします

【順位決定について(1位~3位)】

  • エンジョイクラス…生年月日が早いワンコを高順位とし、それでも決まらない場合はエントリー申し込みの早いチームを高順位とする

  • ビギナーズクラス&チャレンジクラス…2R目のポイントが高いチームを高順位とし、それでも決まらない場合はエントリー申し込みの早いチームを高順位とする

  • 上記以外のクラス…1Rのみ順位決定戦のエクストララウンドを行い、それでも決まらない場合はエントリー申し込みの早いチームを高順位とする

【ポイントエリア】

コート

* ビギナーズクラスに限って、ダイヤモンドコート外でキャッチした場合『1P』となる。(コートアウトは無効)

コートの注意

コートネットとタープの間を2Mは開けて人が通れるようにして下さい。

ワンコは基本飼い主が管理のもとケージ内にお願いします。
ワンコの係留はタープの後ろ側に係留して下さい。
係留が多い場合(多頭飼いなど)はコート入口付近へのタープ張りはお止め下さい。

コート

【Water Diving Dogルール】

  • Water Diving Dog は、全クラス水面から30センチの飛び込み台になります

  • MCの<Ready GO>の合図でスタートし、30秒以内にDivingしなければならない

  • Water Diving Dog はワンコのおもちゃを投げ入れて構いませんが、水に浮く物に限る

  • Water Diving Dog はワンコが水に飛び込んで距離を競う競技です、ワンコを押したり、無理やり飛び込ませる行為は禁止致します

  • Water Athlete Dog は水中を泳いでタイムを競う競技になります

  • Water Athlete Dog スタート地点から7MでUターンして戻ってきます(去年のように直線ではありません)

  • Water Athlete Dog は飼い主がプールの周りでワンコを誘導、呼ぶ行為はOKです

【誓約書】

私は競技会参加するにあたり、以下の事を誓約します。

  1. 競技会主催者による全ての指示に従う事に同意いたします。
  2. 私は気象条件及び競技環境の不良等による日程の変更、大会の中止、競技内容の変更に対して意義を申し立てません。
    また、大会が成立した場合、参加費の返金を要求しません。
  3. 私は自己の所有する犬(登録犬)とともに競技会に参加します。
  4. 私は狂犬病及び伝染病予防接種済みの愛犬と出場する事を約束します。
  5. 私は競技会においてテレビ、ラジオ、新聞、雑誌等、が私と愛犬を撮影取材し、それを競技会の広告及び競技会報道の目的で放送、または雑誌等に掲載される事に同意します。
  6. 私はDSEからの情報を受ける事に同意します。
  7. YouTube、DSEホームページへの静止画、動画などをWEB上にアップロードする事を同意します。